絶滅危惧種TA類 ノグチゲラ
CR(Critically endangered)
ウラジロエノキに営巣した世界初の映像をもとに、沖縄県東村が「ノグチゲラ保護条例」制定にむけて動き出したその根元をたどったドキュメンタリー映画です。





『ノグチゲラの里から地球の未来へ』
2010年制作 DVD−R/カラー43分
一般価格: 2,500円
図書館価格: 12,000円 (貸出・館内上映権含む)

 購入する
※ 送料無料・税込み

※DVD-Rはプレーヤーの機種によっては正常に再生できない場合がございます。
お使いのプレーヤーがDVD-R対応か、あらかじめご確認をお願いいたします。






oyako

ノグチゲラの親子(2009年5月・ヤンバルの森にて撮影)


※ 画像をクリックすると拡大



ノグチゲラはキツツキのなかま。ウラジロエノキに営巣している。
(2009年5月・ヤンバルの森にて)



巣穴から顔をつきだし、エサを待つノグチゲラの雛。
赤い帽子が特徴だ。



ノグチゲラの親子。ノグチゲラは非常に警戒心のつよい鳥だ。



森に夢をふきこむ人・中村保さんの世界


 中村保さんとの出会いは、10年ほど前でした。1992年9月に保さんが自費出版した『びんびん』という小冊子は、私にとって衝撃的なものでした。全43項目から成るこの小冊子が、沖縄の山原でひそかに出版されたことも、私は今でも誇りに思っています。沖縄に来て23年、私が出会った本のなかで最も心に残ったものの1つです。川のせせらぎの響きを表すこの「びんびん」ということばに支えられて、私はこの『ノグチゲラの里から地球の未来へ』という短編映像を完成させたと言っても過言ではありません。



 保さんの<遊び>は、実にふところが広く豊かです。その<遊び>の根もとにあるのは、「美しいものを美しいと感じとる体感」であることを保さんから学びました。ひとりで、森を、川を、浜を歩き、時に立ちどまって、「美しいもの」を体いっぱいにあびるその一連を、保さんは<遊び>と名づけています。この短編映像のどこかに、保さんのいう<遊び>が出ていることを私は願っています。

 保さんは、50年先を夢みて、いま、ノグチゲラの保護活動に取りくんでいます。東村の教育委員会がそれをバックアップしていることに、私は大きな夢を感じます。地元の人と行政が、世界にこの山原にしかいない絶滅危惧種ノグチゲラの保護活動に立ちあがったことを、自分自身の喜びと感じるからです。


2010年3月9日
じんぶん企画  輿石 正